焦らず奢らずキャリアアップしよう

1samune

 転職するときのポイントは、”むやみに妥協しない”ということです。在職していながらの転職活動の場合は、「もっといいところがあれば転職しよう」というスタンスで臨めますが、そうでない場合、何社か不採用が続くと焦ってきてしまい、「どこでもいいから採用されそうなところに応募しよう」と妥協してしまいがちです。

 それで転職できても、条件面・環境面ですぐに不満が募ってきたり、会社に対して批判的な感情が湧きやすくなります。

【人気ページ】
20代の転職
キャリアを作る第一歩、20代の転職探し。

 転職は本来キャリアアップのためにするべきで、そこを見失ってしまうと転職に転職を重ね、段々と坂を転がり落ちることになります。当然、高望みだけで転職することは出来ませんので、自分がその場でどれだけ自分の力を発揮できるか、やりがいをもって仕事を出来るかを考えて、会社の規模やネームバリューに囚われずにターゲットを探していくのが良いと思います。

 転職をしてからのアドバイスとしては、入社したら以前のポストや過去の業績はいったんリセットの気持ちで臨むことが大切です。年齢が高くなるにつれ、過去の栄光をそのまま引きずってくる傾向にあります。あるいは以前の会社での慣習を持ち込み、それが正しいかのような振る舞いは、周囲との摩擦を生み、自らが働きにくい環境を作ってしまいます。

 あくまで謙虚に、一から勉強のつもりで臨めば、新しい環境・新しい自分を開拓出来るでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る