中高年で転職する方へのアドバイス

af9930029234l

・中高年の転職現状

 高齢化社会への一途をたどる現代の日本において、企業の人員整理により退職を迫られる高齢者も多く、そこから一年以内に再就職できる割合は、全体の四割程だそうです。会社としても、中高年を超えた人間を雇うのは体力的なリスクや、これから成長する余地があまりなく、将来に向けての人材投資をする価値がないとの判断で敬遠する場合が多いでしょう。
 以上の理由から、なにかのコネなどがなければ、中高年からの再就職は厳しいというのが現状のようです。

・中高年の転職求人の探し方

 やはり年齢を重ねることによって得た経験というものが、十分なアピールポイントになりますから、自分になにが出来るのか、してきたのかを見つめ直し、それらを活かせる職場を見つけるのがよいかもしれません。履歴書などにもそのあたりのことを書いておくとよいでしょう。
 また、雇う側にとってその人のキャリアが高ければ、支払う報酬等のことを考えて二の足を踏む場合もありますので、確実に就職したいのなら、依然のような待遇は望まず、収入や昇進にこだわらない姿勢を見せた方がよさそうです。

・中高年への転職アドバイス

 会社等を退職した時点では、いままでやってきたことの価値に疑問を感じ、不安になることも多いかもしれませんが、それまでの経験がゼロになるわけではありませんから、一端肩の力を抜いて、前向きに考えればよいと思います。
 ただ、自分はこうしてきたんだからという固定観念をもったままでは、新たな職場で問題に直面したとき、それが通じるかどうかは分かりませんので、経験を踏まえて、若い人間と新たにやり直すくらいの気概を持っていた方がよいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る